releases

Low End Theory Japan Compilation 2012

Various Artists(Daddy Kev,D-Styles, Dibiase, Free The Robots, Gaslamp Killer, Jonwayne, Kone, Nocando, Nobody, Nosaj Thing, Ras G, Samiyam, and more)

"Low End Theory Japan Compilation 2012"

VA

"ロウ・エンド・セオリー・ジャパン ・コンピレーション 2012"

disques corde     

dccd-025

¥1,980 (inc.tax)    ※CD定価

2012.03.07 Release

SONGS

  1. Nosaj Thing - Quest (Low Limit Remix)
  2. Jonwayne - Crumbled Luna
  3. Dot - Artichoke
  4. Nobody - Hey Love (On Our Own) (Instrumental)
  5. Ras G - Sun Behind the Clouds
  6. Co.fee - Gypsy Skirt
  7. Gaslamp Killer - Anything Worse
  8. Samiyam - Sunrise
  9. ELOS - Airliner’s Patio
  10. Nocando - Hurry Up And Wait
  11. Free The Robots - Rattlesnake
  12. Dibiase - Skullcrack
  13. D-Styles - Cliffords Mustache
  14. Kone - Cheese Grater
  15. Daddy Kev - Little Doggy
  16. Virtual Boy - Mass Low End Theory Japan Compilation 2012 - Album Preview (Snippet Mix)

ARTIST INFO

Various Artists(Daddy Kev,D-Styles, Dibiase, Free The Robots, Gaslamp Killer, Jonwayne, Kone, Nocando, Nobody, Nosaj Thing, Ras G, Samiyam, and more)

LINK

MORE INFO

LOW END THEORY JAPAN 2012 feat. PLAY, JAPAN! Red Bull Music Academy @UNIT

DOWNLOAD

これがLOW END THEORYサウンド! 2012年3月の日本ツアーに合わせてパーティ初のオフィシャル・コンピレーション・アルバムが日本限定で登場! レジデントから注目の若手アーティストまで参加の全16トラック収録。大半が初CD化音源。
feat. Daddy Kev,D-Styles, Dibiase, Dot , Free The Robots, Gaslamp Killer, Jonwayne, Kone, Nocando, Nobody, Nosaj Thing, Ras G, Samiyam, Virtual Boy and more

選曲・ライナーノーツ: Hashim Bharoocha
Mastered by Daddy Kev
Design by Shiro Kojima

■ 2006年にAlpha Pupレーベルを運営するダディ・ケヴが立ち上げたクラブ・イベントLow End Theoryは、ダブステップ、アンダーグラウンド・ヒップホップ、エクスペリメンタルなエレクトロニック・ミュージックを融合させただけではなく、新たなベース・ミュージックを生み出すムーヴメントにまで発展した。フライング・ロータスと、彼が率いるBrainfeederレーベルのアーティストたちもLow End Theoryから誕生した。
■ レジデントDJのダディ・ケヴ、ガスランプ・キラー、Dスタイルズ、ノーバディ、MCノーキャンドゥのプレイを聴くために、 今でも毎週水曜日になると、Airlinerクラブの前には長蛇の列ができ、入場するまでに平気で1時間以上かかることもある。今ではLow End Theoryのイベントは、サンフランシスコとニューヨークと日本でも行われるようになり、2011年3月の東北大震災が起きたあとには、LAでチャリティ・イベント「Low End Loves Japan」を開催し話題を呼んだ。
■ Low End Theoryの魅力の一つは、サプライズで世界的に注目されているアーティストが出演すること。レディオヘッドのトム・ヨークがDJプレイしたことは世界的なニュースにまでなった。また、エリカ・バドゥやジェイムス・ブレイクもサプライズ出演をしている。
■ Low End Theoryが注目されているもう一つの理由は、数々の若手のビートメイカーがここからデビューしていること。このコンピレーションに参加のジョンウェイン、ドット、コフィー、ELOS、バーチャル・ボーイなどの若手ビートメイカーは、まさにLow Endチルドレンと言える。本作に参加しているアーティストは全員Low End Theoryに出演しているアーティストであり、まさに今のLAビート・ミュージックを象徴するクリエイターたちだ。このコンピを聴いているだけで、Low End Theoryのダンスフロアで、サウンドシステムの爆音を浴びている感覚に襲われるに違いない。
■ LOW END THEORY JAPANツアーは、Daddy Kev, Nobody, D-Styles, Nocando, Samiyam, Nosaj Thingの総勢6アーティストが来日し、東京UNIT(3/19)をはじめ、大阪、姫路、札幌で開催。


[ LOW END THEORY JAPAN 2012 ]
3/16(金)札幌BONDZビル特設会場6/7/8F
3/17(土)姫路Fab-space
3/18(日)大阪Universe
3/19(月・祝前日)東京UNIT


TOP