releases

Number Nine

Riow Arai

"Number Nine"

リョウ・アライ

"ナンバー・ナイン"

disques corde     

dccd-016

¥2,415 (inc.tax)    

2009.11.18 Release

SONGS

  1. Intro.
  2. Status
  3. Meet Me In Ebisu (featuring Nocando)
  4. World Wide Wave
  5. Electricity (featuring Jazziraffi)
  6. Sweet Tweet
  7. Funkenstein
  8. Open Eyed Dreams (featuring Nocando)
  9. Social Pressure
  10. Remember Me (featuring Jazziraffi)
  11. Twilight

ARTIST INFO

Riow Arai

LINK

Nocando
Jazziraffi

MORE INFO

DOWNLOAD

cover art (350 dpi, 552KB)
cover art (72 dpi, 168KB)

骨太のブレイクス、切れ味鋭いエディット、絶妙なるサンプリング、あのビート・マエストロ、リョウ・アライが遂に戻ってきた!

ビートの骨組み・構造を根本から理解するリョウ・アライのみが成し得る、新時代のブレイクスの教典がここに誕生!!

通算9枚目のニュー・アルバム、その名も『Number Nine』は、リョウ・アライのキャリアの集大成にして、真骨頂のビート満載の決定盤!! アタック強めなドラムス、強靭なバネを思わせるベース、funky & freshなサンプル・ソースネタ。随所に見せる80'sドラム・ビートの普遍的な魅力の再評価!!

■ 女性ヴォーカル勢とのプロジェクトR+NAAAA、イルリメとの変名スプリット・プロジェクトREDSOUND x GRIND DISCOと今年既に2枚のアルバムをリリースしたリョウ・アライが満を持してオリジナル・アルバムをリリース! ■ 世界が認めるリョウ・アライの個性そのものである唯一無比のブレイクビーツ、別プロジェクトとして行ってきたヴォーカリスト、ラッパーとの多彩なコラボレーション、その流れをまとめるように自ずと生まれたニュー・アルバムは、ラップ、ヴォーカルも交えてトータルにリョウ・アライのサウンドの魅力を提示! 
■ソロ・アルバムとしては初めてラッパーとヴォーカリストをフィーチャー。ラッパーは、LAの人気パーティLOW END THEORYのMCとして知られ、スクリブル・ジャムのMCバトルのチャンプでもあるノーキャンドゥーが参加。ヴァーカルはオランダのRUSH HOUR周辺で活躍する新進気鋭の女性ヴォーカル、ジャジラフィが参加。 
■ 80’sマナーなビート感から最新のファンク感までをあっさりと繋げてみせる圧倒的なクオリティ! さすがのサンプリング・センスと決して退屈をさせないグルーヴの打ち出し! アグレッシヴで、レイドバック感もあり、ラップ&ヴォーカルとの相性も抜群の、間違いないビートばかりが詰まった絶対にマストな一枚!

NOCANDO ノーキャンドゥー
Project Blowed出身の新世代ラッパー。自由自在にウィットに富んだライムを吐き出し、07年スクリブル・ジャムのMCバトルでチャンプに輝いた。LAの人気パーティLOW END THEORYのレジデントMCも務める。フライング・ロータスを始めとした蒼々たるメンツが参加したデビュー・アルバムのリリースを控える。

JAZZIRAFFI ジャジラフィ
オランダのアムステルダム音楽学校に学び、ジャズ・ピアニストのミケル・ボルストラップと出会い、彼のレコーディングに参加。その後、オランダのヒップホップ・シーンの伝説的存在Extinceや良質テクノ・レーベルdelsinのオーナーAardvarckのプロジェクトに参加。Kindred SpiritsやRush Hourなどオランダの重要レーベルとも繋がりを深め、ソロ・デビューが期待されている注目の女性シンガー

TOP